• 特集
  • 商品一覧
  • 価格別
  • レシピ
お電話でのご注文・お問い合わせはこちら
0120-49-0008
[ 受付時間]
9:00〜18:00
  • HOME
  • レシピから探す
  • 季節を感じる一品

季節を感じる一品

五穀麸のぜんざい
ちょっと肌寒くなってきた秋にぴったりの甘味です。五穀麸をこんがり焼いて香ばしさをプラス。
五穀を練りこんだ五穀麸のぷちぷち食感をお楽しみください。
材料
・五穀麸 1パック
・もみじ麸 適量
・栗の甘露煮 適量
・ゆで小豆の缶詰 1缶
・水 小豆と同量
南瓜麸のお味噌汁
秋の食材をたくさん入れたお味噌汁には、南瓜味のやさしい甘さのお麸を浮かべて…
材料
・合わせみそ 大さじ1.5
・だし汁 1.5カップ
・南瓜麸 10粒~12粒
・お好みの具材 適量
・青ネギ 適量
秋のなま麸ピザ
なま麸のもちもち生地ととろけたチーズ。
お子様にも気に入っていただけること間違いなしのなま麸ピザです。
​ソースや具材をアレンジしても♪
材料
・よもぎ麸 1本
・あわ麸 1本
・ピザソース 大さじ2
・ツナ 大さじ2
・コーン 大さじ1
・しめじ 適量
・チーズ お好きなだけ
・イタリアンパセリ 適量
五穀麸の煮いたん
秋の根菜と五穀麸を煮いたんに。
五穀麸は、五つの穀物(大豆・大麦・ごま・玄米・キヌア)を練り込んだ『五穀豊穣』の秋のお麸です。
プチプチとした食感をお楽しみください。
もみじ麸を散らせば、食卓に秋の風が舞い込みます。
材料
・もみじ麸 適量
・五穀麸 8個
・秋野菜(蓮根・さつまいも等) 適量

調味料A

・だし汁 2.5カップ
・薄口醤油 大さじ1.5
・みりん 大さじ2
・酒 大さじ1
ごま麸と南瓜の豚巻き
食物繊維たっぷり、秋から冬にかけて旬をむかえる南瓜をもちもちなま麸と一緒に巻いて照り焼きにしました。 冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもおすすめの一品です。
材料
・豚肉(しゃぶしゃぶ用) 6~8枚
・ごま麸130g 1本
・南瓜 適量
・塩 少々
・胡椒 少々
・葱 お好みで

調味料A

・醤油 大さじ1
・味醂 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・酒 大さじ1
やき麸とトマトの煮びたし
トマトのうまみ成分が含まれた、おだしを吸ったやき麸はまた格別です。
夏におすすめの冷製のたいたんです。
材料
・京やき麸 5~7個
・トマト 1個
・オクラ 1本
・青もみじ麸 1枚~2枚
・だし汁 2.5カップ
・薄口しょうゆ 大さじ1.5
・みりん 大さじ2
・酒 大さじ1
生平ゆばときゅうりの土佐酢和え
火を使わずにもう一品。暑い夏に嬉しいレシピです。
材料
・はんなり生平ゆば 1袋
・きゅうり 1本
・かにかま 適量
・めんつゆ(4倍濃縮) 大さじ1
・米酢 大さじ2
・塩 少々
・水 150cc
あわ麸と茄子の揚げ浸し
暑い夏にぴったり。冷やした揚げ浸しでそうぞ。 アレンジとして、めんつゆに、鷹の爪をいれたり、お酢、しょうがを加えても。
材料
・玉ねぎ小 1個
・かぼちゃ 1/6個程度
・ニンジン小 1本
・オクラ 8本
・茄子 4本
・あわ麸 1本
・めんつゆ 適量
ごま麸の冷しゃぶ巻
もっちりなま麸を豚肉で巻いて、さっぱりポン酢でお召し上がりください。
材料
・豚肉(しゃぶしゃぶ用) 6~8枚
・ごま麸 1本
・かいわれ大根 適量
・ポン酢 適量
さくら麸のおいなりさん
さくら舞い散るおいなりさんです♪ 春の行楽弁当にも♪
材料
・さくら麸 適量
・酢飯 適量
・油揚げ(味付きのもの) 6枚
・えんどう豆 適量
・炒りたまご 卵1個分
三色手まり寿司
ゆばにエビ、うめ麸にきゅうりなど お好みの食材を組み合わせて、 あなただけの手まり寿司をお楽しみください!
材料
・酢飯 2合程度
・白ごま お好みで
・よもぎ麸 適量
・お祝生麸(紅白) 適量
・お好みの具材(イクラや錦糸卵など) 適量

煮物だし

・だし汁 1カップ
・酒 大さじ1
・薄口醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1
・塩 少々
お祝三色なま麸団子
ひし麸に見立てた三色のなま麸のお団子です。
材料
・お祝生麸(紅・白) 適量
・よもぎ麸 適量
・あんこ 適量
厄除けなま麸ぜんざい
関西では、小豆の赤い色には、 邪気を祓い、厄を除ける力があると 信じられたことから、 節分の日にぜんざいを食べる風習があります。 皆様も、もっちりとしたなま麸ぜんざいで 福を呼び込みませんか?
材料
・ゆで小豆の缶詰 1巻
・水 小豆と同量
・あわ麸 1本
京風 白みそのお椀
迎春の細工麸がお正月料理を華やかに彩ります。 なま麸を煮るときに蓋をすると大きくふくれて食感が損なわれてしまいます。 蓋をせず、中火でコトコト煮れば、もっちりとお召し上がりいただけます。
材料
・迎春の細工麸 2~4個
・白みそ 100g
・だし汁 2カップ
・ときからし 少々
さくら麸の巻き寿司
お花見のお料理にぴったりの巻き寿司です。 芯にするさくら麸をもみじ麸やつつじ麸などの四季の花麸に変えることで、季節に合わせて楽しむことができます。
材料
・さくら麸 1本
・生平ゆば 1枚
・三つ葉 1束
・酢飯 適量
・焼のり 1枚

調味料A

・だし汁 1カップ
・酒 大さじ1
・薄口しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・塩 少々
あわ麸と茄子の甘みそ炒め
暑さで食欲が落ちてしまいがちな夏にもおすすめのレシピです。 白ごはんにもよく合う、甘いお味噌のお味と大葉の爽やかな後味をお楽しみください。
材料
・あわ麸 1本
・茄子 1個
・田楽みそ(赤) 大さじ2
・大葉 2枚
ひし麸とハマグリのお吸いもの
雛祭りのごちそうにハマグリのお吸いものは欠かせません。
材料
・はまぐり 4個
・菜の花 2本
・だし汁 600CC
・酒 大さじ2
・塩 ひとつまみ
・ひし麸 適量
手まり麸の茶わん蒸し
雛祭りのごちそうに。 てまり麸は、そのまま卵液に入れると沈んでしまうため、 ほぼ蒸しあがった状態で手まり麸をのせ、 再び表面に卵液大さじ1を流し入れて、 蒸し器で表面を固めると、華やかに飾ることができます。
材料
・卵 2個
・えび(下処理したもの) 4匹
・てまり麸 適量
・三つ葉 2本
・お好みの具材(蒲鉾や鶏肉など) 適量

調味料A

・だし汁 300CC
・薄口醤油 小さじ1
・塩 少々
・みりん 小さじ1

煮物だし

・だし汁 1カップ
・酒 大さじ1
・薄口醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1
・塩 少々
うめ麸の恵方巻き
季「節」を「分」ける「節分」。 2月4日に立春を迎えると、暦の上では、春が始まります。 春を告げる花として知られるうめの花をかたどった うめ麸を使って、恵方巻きをアレンジしてみては!? 家族みんなで、今年の恵方 西南西を向いてほおばりましょう!
材料
・寿司飯 約200g
・焼き海苔 1枚
・厚焼き玉子 適量
・きゅうり 1本
・椎茸の含め煮 適量
・うめ麸 1本

煮物だし

・だし汁 1カップ
・酒 大さじ1
・薄口しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・塩 少々
あわ麸の昆布巻き 竹麸を彩りにそえて…
お正月料理の一品に。 竹麸は斜めに切っていただくとより竹らしく見えます。 縁起物の竹はお正月料理にもぴったりです。
材料
・あわ麸 1本
・昆布(早煮昆布) 2枚
・干し干瓢 適量
・竹麸 適量

調味料A

・だし汁 3カップ
・濃口醤油 大さじ2
・砂糖 大さじ1/2
・酒 大さじ1
お煮しめ
迎春の細工麸がお正月のお料理を華やかに彩ります。 薄口醤油を使用することで、素材や細工麸の色味を損なうことなく、 お料理を上品に仕上げることができます。
材料
・迎春の細工麸 適量
・里芋 4個
・蓮根 約100g
・金時人参 適量

調味料A

・だし汁 2.5カップ
・薄口醤油 大さじ1.5
・みりん 大さじ2
・酒 大さじ1